下文就是生魚片參加”向日本人介紹的台灣美食”活動的介紹本文,由於主辦單位規定只能四張圖檔,所以生魚片考慮了好久,才決定繳這四張圖片….

美食相片

清水秘境美食---擀麵 ...(有提手旁念(ㄍㄢˇ))  

清晨四點,剛甦醒的台中清水小鎮,不論怎樣的天氣,一處寫著擀麵的麵店,總會傳出水滾的蒸氣,一旁的老闆,有時像是以對待情人的溫柔,緩慢細心地為麵糰抹上麵粉,有時又像是對待暴虐的敵人,大力捶打著手中的麵糰。為了讓客人能夠享受到麵條獨特的彈性,老闆由麵粉的挑選,到麵糰的含水度都費盡心思。  製作時水加多了,雖較為輕鬆,但麵條卻容易軟爛而無彈性,這些若有似無的細節卻是麵條製作的細微關鍵。手工製作的最後一步驟就是切麵條,為了讓麵條在口中咀嚼時呈現多層次的口感,特意讓麵條『寬度不一』。煮熟後,在上面淋上自製的芝麻醬與紅蔥肉醬,入口後,肉醬的鹹味更顯芝麻醬香味的穠纖合度,兩者的搭配相輔相成,相得益彰讓擀麵的麵香更上一層。  『擀麵』雖是地方小吃,並不是像外國米其林評鑑哪般,需要擺出大陣仗,才可以就食,但清水人們回憶裡的好滋味,就藏身於故鄉清水街上,並不需錦上添花的三顆星來肯定。  

 

台中の清水にある「擀麵」という店は、いつも夜明け四時くらいにお湯を沸かしていることで知られています。そこにいる店主は時には優しく、時には力を入れすぎるくらい手打ち麺を作っています。歯ごたえのある麺を作るために粉の選別からこねた生地などはすべて心を込めて作ります。 製麺の際に、水分を多めに加えたら作りやすいが、麺の弾力がなくなります。このような細かい手間は製麺のポイントとなります。歯ごたえのある麺を作るため、幅を揃えず生地を切ります。自家製のゴマソースと挽肉入りソースを乗せた麺はさらに香りが広がり美味しいです。 「擀麵」は清水の街にあります。地方のB級グルメであるにもかかわらず、ミシュラン星付きような評価がなくても地元の方に愛されています。

s1318017 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()